全館空調システムって何?メリット・デメリットを解説!

公開日:2022/04/01


注文住宅を検討する際に耳にすることの多い「全館空調システム」は、快適な居住空間を実現する人気の空調システムです。近年では全館空調システムを取り入れる建築会社も増えており、選択肢も広がりつつあります。この記事では全館空調システムの基礎知識からメリット・デメリットまで詳しく解説していきます。

全館空調システムとは

「全館空調システム」とは、すべての部屋や廊下も含めた建物全体を一括で冷暖房し、24時間換気を行うシステムのことです。居室ごとにエアコンを設置する個別空調と異なり、家全体で1つの空調室内機を設置することで、家全体の温度を快適に保つことができるのが特徴です。全館空調システムは主に4つのタイプに分けることができます。

天井吹き出し型

天井の中にダクトを設置し、天井から冷・暖気を吹き出すタイプです。吹き出し口のルーバーを調節し、風の向きをコントロールすることで、季節ごとに最適な室内環境を叶えることができます。個人差にも対応しており、風力を調節することで、家族それぞれが快適に過ごすことができます。

床下冷暖房型

床からの輻射熱を利用したタイプです。天井吹き出し型と比較すると、ほぼ無風という特徴があります。ゆっくり、じんわりと暖められ、乾燥しすぎないというメリットもあります。

壁面パネル型

壁に冷暖房パネルを設置し、その輻射熱を利用して冷暖房を行うタイプです。無風・無音で運転を行うため、ホコリが舞うこともなく、ストレスフリーな環境を実現しています。

壁掛けエアコン型

高気密・高断熱の住宅を一般的なエアコン1台で全館空調にするタイプです。空調室にルームエアコンを設置し、そこからダクト通って各居室へ空気を届けるシステムとなっており、低コストで導入できるのがメリットです。

全館空調システムのメリット

次に全館空調システムのメリットをみていきましょう。

一年中快適に過ごすことができる

全館空調システムの最大のメリットは、一年中快適な温度を保つことができることでしょう。全館空調システムを導入することで、廊下やトイレに至るまで24時間快適に過ごすことができるようになります。家の中の温度差は知らず知らずのうちにストレスになってしまうだけでなく、健康面でも大きな影響を及ぼしています。夏場の暑さによる寝不足や熱中症の他、自律神経の乱れによる「寒暖差疲労」などの防止にもつながります。

ヒートショックの防止になる

近年よく耳にするヒートショックですが、これは温度変化によって急激に血圧が低下することが原因で起こります。このヒートショックによる死亡者は交通事ゆえによる死亡者を大きく上回るなど、室内環境は時に命に関わる場合もあることが分かります。なお冬場に増加する傾向があり、とくに高齢の方はリスクが高いとされています。全館空調システムを採用することで、ヒートショックのリスク軽減が期待できるでしょう。

空気がきれいになる

全館空調システムの特徴の1つに「第一種換気システム」を採用した製品が多い点が挙げられます。高性能フィルターによりしっかりと換気を行うことで、シックハウスのリスクも低減することが可能です。また、製品によっては空気清浄機能が付いたものもあり、花粉やPM2.5、ホコリの除去も期待できます。さらに除湿機能が搭載された製品もあり、梅雨のジメジメした時期の部屋干しも快適です。

見た目に美しい

居室ごとにエアコンを設置する個別空調と異なり、全館空調システムでは見える部分に空調設備がなくなるため、すっきりとしたインテリアを実現できます。また、季節家電の収納場所を確保する必要もありません。広い間取りや吹き抜けを採用しても、快適な環境を諦めずに済みます。

全館空調システムのデメリット

全館空調システムのデメリット確認していきましょう。

導入費用がかかる

全館空調システムの導入費用はメーカーによっても異なりますが、およそ200〜300万円程度が目安となります。また、初期費用の他にも定期的なメンテナンスなどの維持費が年間数万円程度かかる場合もあります。一方で、居室ごとに季節家電を用意する必要がなくなるため、費用対効果を鑑みて導入を検討することが大切でしょう。

高気密・高断熱の必要がある

全館空調システムの効果を発揮するためには、高気密・高断熱の住宅である必要があります。気密性能や断熱性能が低いと、せっかく温めた/冷やした空気が逃げてしまい、結果として月々の電気代も高くなるため、コストパフォーマンスを高めるためにも住宅性能はしっかりと確認しておきましょう。

メンテナンスが必要

導入にあたっては初期費用だけでなくランニングコストも考慮する必要があります。全館空調システムの維持には定期的なメンテナンスが欠かせません。2週間〜1か月に一度のフィルター清掃の他、年に1度は専門業者によるメンテナンスが必要となります。また、故障した場合は家中の空調がストップしてしまい、修理費用が高額になるのもデメリットといえるでしょう。

 

日本は四季がはっきりしており、季節ごとの魅力がある一方で、厳しい暑さや寒さ、湿気などに悩まされるのが難点でもあります。室内環境は体や心に大きな影響を及ぼしており、ヒートショックなど時に命に関わることも。長い時間を過ごす自宅を一番くつろげる場所にするためにも、快適な住環境づくりは欠かせません。

導入費用やメンテナンスは必要になりますが、全館空調システムの導入により1年中快適な温度を保てるのは大きなメリットといえるでしょう。快適な室内環境を実現するために全館空調システムを導入してみてはいかがでしょうか。

【淡路島】おすすめの注文住宅メーカーランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名An.d youたかべホームズクレバリーホーム淡路店関西ハウス工業ピーチホーム
特徴①人の想いに寄り添い理想以上の家を提案し、長く暮らせる住まいを建築時間が経つほど美しく味が出てぬくもりと安らぎを感じられる家を作る何十年先でも愛せる住まいを提供。いつまでも付き合いを続けていける企業夢と理想の住まいづくりのプロがお客様の想いを実現させる提案をする地域密着型のローコスト住宅に特化。4年連続淡路島新築着工数No.1の実績を誇る
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧