注文住宅で起こりがちなトラブルとは?事前に防止策を考えよう!

公開日:2022/08/15


多くの人が憧れを持つ注文住宅。念願のマイホームを手に入れる時でも、時にトラブルに発展することがあります。トラブルは基本的な知識や防止策をつけることで、事前に回避することができます。今回の記事では、注文住宅で起こりがちなトラブルの防止策にについてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

注文住宅で起こりがちなトラブルとは?

注文住宅を購入する前後にはさまざまなトラブルが起こりやすいと言われています。このようなトラブルを回避するためにはどのようなことが必要なのでしょうか?項目に沿って以下に解説していきます。

完成が遅れる

完成するまでの期間が、予定よりもかかってしまうことはよく見られるケースです。通常では、完成まで約4カ月と言われていますが、地域の特性や天災などのトラブルが原因となり、作業がうまく進まないことがあります。その土地の気候や特性に関しては、ある程度の予測を立てることが出来ますが、震災などのトラブルに見舞われたときは、物流がストップしてしまうことがあります。建材に使用するものが滞ると、もちろん工期が伸びることにもつながります。特に災害などの場合は、支援物資の運搬が最優先されるため、建築資材が手に入らないこともあります。

設計図や仕上がりに相違がある

打ち合わせしていた間取りや設計と相違が見られることも稀ですが、時々見られるようです。本来は注文した人の要望に沿って建築が進みますが、合意がないのにも関わらず勝手に施工する業者もいるようなので注意しましょう。特に、図面に詳細が載ることのない注文内容や、口頭での注文などは気を付けなければなりません。どこにも記載がない場合は、相違している部分を指摘しても証拠がありませんので、説得力に欠ける場合があります。

図面を見ても、素人ではなかなか立体として想像しにくいのも、トラブルの原因となりやすいです。そのため、可能な限り打ち合わせ内容を記録しておくことが必要になります。また、現在では完成予定の模型を作成してくれる業者もあります。これにはオプションの料金が発生するケースもありますが、トラブルを避けるためにも空間的なイメージの統一を図るために効果的と言えます。

設備等の不具合

時々見られるものとして、壁や床に傷があったり、壁紙がずれていたりなど、施工に関する作業に手抜きが見られる場合です。この場合、引き渡し後に発見しても修理などの対応はしてくれますが、対応に時間がかかる場合があります。そのため、引き渡し前に必ず全体を詳細にチェックすることをおすすめします。これにより、未然にトラブルにつながることを防ぐことが可能となります。

近隣トラブルが起こる

作業を行うことで、騒音や運搬作業による通行部分の妨げ、ほこりの発生などはよく見られます。これらのケースでも、道にはみ出して作業する場合は、道路使用許可の申請を事前に行っておく必要があります。また、近隣の住民にはあらかじめ挨拶を済ませるなどの対応を行うことで、回避できることにもつながります。注文住宅が完成してからの挨拶は、これらの作業が終了してからになりますので、できるだけ着工前にあいさつを行うようにしましょう。

注文住宅のトラブルを防止する方法

まずは、事前の打ち合わせを密に行うことが重要になります。前項でも述べましたが、建築のイメージの相違をさけるために、CGや模型を活用して3Dで共通のイメージを持てるようにしましょう。

また、近隣への挨拶を事前に済ませておくことも必要になります。着工前に行うことで、騒音や建築の際に出るほこりなどをある程度許容してくれることにもつながります。留守の場合であっても、ポストに着工に関する内容や自己紹介などの一文を投函しておくことをおすすめします。その場合は再度日を改めて挨拶に伺うようにするとよいでしょう。

他には、内覧会の時に細部にわたってチェックをすることを忘れてはいけません。この時は、カメラを持参してあらゆるものを写真に収めましょう。施工業者も同席していることが多いため、この時に気になった部分は事前に確認してください。

他には、一括で先払いしないこともおすすめします。これは、大きなトラブルにつながることがあります。最悪の場合、支払いを完了してから会社が倒産するケースもあるからです。必要なものや支払う予定のものは、着工してある程度の目途が立った場合に支払うようにすることをおすすめします。

万が一、トラブルが起こってしまった場合の対処法

まずは、住宅瑕疵担保責任保険を確認しましょう。これは、法律で定められている保険のことで、基本構造部分に不具合が生じた場合、施工業者は引き渡しから10年間は無償で修復する義務のことをいいます。これに加え、第三者検査機関や専門家へ相談することも効果的です。これにはさまざまな相談に乗ってくれるところがあり、弁護士事務所などに相談する場合は別途費用が掛かる場合もあります。

しかし、悪質な業者に出会ってしまった場合は、自分の力ではどうすることもできないため、ある程度の場所に相談することで、結果的に費用を抑えることにもつながります。実際の居住が始まってからの場合は、思い切って住み替えを検討するのもいい手段と言えます。せっかくのマイホームを手身入れた後にすぐ住み替えを検討するには勇気がいりますが、意外と自分に見合った建売住宅などが見つかる場合もあります。そのときは、賃貸物件として貸すこともできるため、大幅に財産を失うという心配もありません。

まとめ

今回は、注文住宅で起こりがちなトラブルについて解説していきました。トラブルを未然に防ぐためにも、本記事でお伝えしたの内容を参考に、ぜひ注文住宅を検討してみてください。

【淡路島】おすすめの注文住宅メーカーランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名An.d youたかべホームズクレバリーホーム淡路店関西ハウス工業ピーチホーム
特徴①人の想いに寄り添い理想以上の家を提案し、長く暮らせる住まいを建築時間が経つほど美しく味が出てぬくもりと安らぎを感じられる家を作る何十年先でも愛せる住まいを提供。いつまでも付き合いを続けていける企業夢と理想の住まいづくりのプロがお客様の想いを実現させる提案をする地域密着型のローコスト住宅に特化。4年連続淡路島新築着工数No.1の実績を誇る
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧