注文住宅と建売住宅の違いとは?双方のメリット・デメリットを理解しよう!

公開日:2022/09/15


将来的にマイホームを購入したい方は多くいらっしゃると思いますが、一軒家の購入を考えたときに悩みがちなのが、注文住宅と建売住宅どちらにするかという問題です。本記事では注文住宅と建売住宅の違いと、双方のメリット・デメリットについて解説します。これから一軒家の購入を検討する方は、ぜひ参考にしてみてください。

注文住宅を建てるメリット・デメリット

注文住宅とは、間取りや建築材料、設備や外観など、あらゆるデザインを高い自由度で取り入れることのできる住宅のことをいいます。一般的には、住宅会社と綿密な相談を繰り返してオーダーメイドの住宅を作り上げることができる、いわば「理想の家」とも言い換えることができます。理想の家と一言にいっても、すべてを理想通りに行うと費用もかさむため、こだわりのある部分にコストを費やし、それ以外の部分では抑えるなどして優先度を意識しながら構想を練るのが一般的といえるでしょう。では、どのようなメリット・デメリットがあるのか、見ていきましょう。

まずメリットは、なんといってもライフスタイルに見合った理想の家を建てられることです。注文住宅の場合、多くは住宅を建設する土地を自ら探します。自分の職場や子どもの学校、土地の費用や地盤の強度など、あらゆる条件を加味して「どこに我が家を構えるのが理想的か」を選択していきます。そこから宅地の開発を進め、実際の建築に移っていくことになります。家を建設する過程も見学することができるため、どの程度の進捗状況かを一目で把握することもメリットといえるでしょう。また、ライフスタイルの経過から、将来的な増改築が必要になった場合を想定して設計に携わることができる点もメリットといえます。

一方でデメリットは、建売住宅と比較して一般的に価格が高いことです。高くなる理由は、建売住宅と大きく相違のない家を建築したとしても、建築にかける期間が長くなるためです。建築期間が長引くことで、その分の人件費や材料費などがかかってしまうのです。少しでも費用を抑えるためには、建築に関する管理を徹底したり、建築の素材やデザインの統一化を図ったりすることが効果的といわれています。また、工期が長いということは、完成までに時間を要するということ。既に建設済みの建売住宅と比較すると、居住開始まで大幅に時間が必要になります。

さらに、注文住宅では細部にまでこだわりすぎて予算をオーバーしてしまうことも懸念されます。理想を追求してしまうため、譲れないものと予算の狭間で葛藤することも多いでしょう。そのため、こだわりのある部分とそうでない部分を見極めて建築を進めていくことが重要になります。また、建設会社にもよりますが、広告が多い会社では広告費の回収を目的に費用が割高になっていることもあるため、建設会社の選択も大切になります。

建売住宅を建てるメリット・デメリット

前項でも触れましたが、建売住宅とは、既に完成された一軒家のことを指します。

まず、メリットとして挙げられるのは、注文住宅よりも価格が安いことです。一概にすべて安いとは言い切れませんが、既に完成された住宅であるため、土地代を含めた料金になっているからです。建築会社はまとまった土地を購入し、一度に複数の住宅を建設することが多いため、価格が安くなる傾向にあるのです。しかし、注文住宅と比較してクオリティが落ちるとは言い切れません。一度に複数の建築をすることで、人件費や建材費などをおさえることに繋がるため、素材の良いものを使用していることもあります。

他には、既に完成した住宅を選択することから、そこに合わせた生活をイメージすることが可能なこともメリットといえるでしょう。建設会社でも、顧客のニーズを把握しているため、土地の景観に見合ったデザインや利便性を追求した住宅に仕上がっていることが多い印象にあります。

一方でデメリットは、完成しているものを購入することが多いため、建築の過程を見ることが出来ないことです。それにより、細部に至るチェックをすることが難しい現状にあります。そのため、職人が手抜きをした場所が素人の目ではわかりづらく、稀に購入後に不備が発覚することもありますので、注意が必要です。

さらにデメリットを挙げると、街並みに合わせた景観を意識して複数の住宅を建設するため、どうしても個性に欠けてしまいます。備え付けの設備や間取りなども既存のものになってしまうという点がデメリットに感じてしまう人も多いと言えるでしょう。

建てるなら注文住宅と建売住宅どちらがおすすめ?

ここまで注文住宅と建売住宅に関して解説しましたが、どちらがおすすめかは一概には言えません。なぜなら、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、個々のライフスタイルや費用、譲れるものと譲れないものを総合的に考える必要があるためです。とにかく費用を安く抑えたい人は建売住宅が良いこともありますし、一からデザインに着手した家に住むことが希望の人は、注文住宅が良いこともあります。

また、デメリットを少しでも解消できるよう、建設が者の選択を十分検討することも必要です。中には、費用を安く抑えることができたり、建売でも内装の一部分を変更出来たりなどのオプションがあるケースもあります。そのため、あらゆる情報を入手して、実際に複数の建設会社に相談してみることをおすすめします。

まとめ

今回は注文住宅と建売住宅の違いや双方のメリット・デメリットに関する解説をしました。本記事の内容を参考に、自分の希望に見合ったマイホームを手に入れてください。

【淡路島】おすすめの注文住宅メーカーランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名An.d youたかべホームズクレバリーホーム淡路店関西ハウス工業ピーチホーム
特徴①人の想いに寄り添い理想以上の家を提案し、長く暮らせる住まいを建築時間が経つほど美しく味が出てぬくもりと安らぎを感じられる家を作る何十年先でも愛せる住まいを提供。いつまでも付き合いを続けていける企業夢と理想の住まいづくりのプロがお客様の想いを実現させる提案をする地域密着型のローコスト住宅に特化。4年連続淡路島新築着工数No.1の実績を誇る
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧