注文住宅だからこそ実現可能!高機能な収納スペースを作ろう!

公開日:2022/04/01


今回は注文住宅だからこそ実現が可能な、高機能な収納スペースについてご紹介します。規格住宅とは違って、注文住宅は自由に住まいを設計できます。快適な暮らしにとって欠かせない「収納スペース」を、他の家具のデザインに合わせて隙間なく配置することもできるので「見せる収納」も「隠す収納」もお手の物です。

造作家具を上手に取り入れよう

造作家具とは空間のサイズに合わせて設計・造りつけるオーダーメイドの家具のことです。サイズや色、素材、デザインなどを一点一点オリジナルで作り上げるため、既製品と比べて部屋の内装や生活スタイルにより適合した家具を設置できることが魅力です。

造作家具の代表的な例として、カウンターやデスク、本棚、テレビボード、キッチンカウンターなどが挙げられます。部屋全体で調和の取れた、デザイン性と機能性を兼ね添える「ちょうどこんな家具が欲しかった!」が叶うのが造作家具のいいところです。

造作家具のメリットは、
「使いやすい好みのサイズにできること」
「空間が有効活用できること」
「好きなデザインにできること」
「地震などで転倒する恐れがないこと」
「掃除がしやすいこと」などが挙げられます。

デメリットとしては、
「家具の移動ができないこと」
「完成するまで現物を確認できないこと」
「既製品より費用が高いこと」などです。

造作家具を作ってもらう方法は大きく分けて2つあります。施工時に大工さんに依頼する「大工工事」と、造作家具メーカーに発注する「家具工事」です。大工工事ではその場で材料をカットし組み立てます。現場で作業するため、寸法や塗料の調整ができ、統一感のある家具を作りやすいです。大工さんによってでき上がりの品質に差が生まれるケースがあるので、あらかじめ過去の家具製作実績などを参考に依頼を判断するとよいでしょう。

一方「家具工事」は自分で造作家具メーカーに発注する方法です。専門の工場で家具を作り、現場で組み立てを行います。工場には専門の精密機械があるため、意匠を凝らしたデザインにも対応できます。しかし大工工事より高額な傾向にあることと、運搬可能な大きさに限られること、その場で手直しができないなどのデメリットもあります。

見せる収納と隠す収納を使い分けよう

収納には「見せる収納」と「隠す収納」の2種類があります。

見せる収納は目に見える形で収納する方法です。頻繁に使うアイテムの収納や、出し入れの手間を減らしたいものの収納に適しています。子ども部屋や書斎、趣味の部屋などが見せる収納に向いています。

一方、隠す収納は、見えない場所に収納する方法です。すっきり見せたい場所やものが多い場所に適しています。キッチンやトイレ、洗面所などが隠す収納に向いています。

「見せる収納」と「隠す収納」のバランスを取ることで個性的な住まいを演出できます。暮らしやすい空間を維持するためには、ものによって収納方法を使い分けられるような収納上級者を目指したいですね。

機能的な収納をつくってスッキリ片付いた暮らしを手に入れよう

造作家具による収納スペースのことを「造作収納」といいます。あらかじめ仕様が決定している建売住宅とは異なり、自由度の高い注文住宅だからこそ部屋の間取りに合わせた機能的な造作収納を設置でき、「見せる収納」「隠す収納」の両パターンを設置場所や好みに合わせて造りつけることができます。

大工工事による家具造作は、部屋やインテリアの雰囲気に合わせて塗装ができるので統一感を高める効果がある以外にも、壁や他の家具との隙間をミリ単位で寄せて配置できるので部屋を広く使えたり、材料の搬送や据付工事の費用を抑えることができるメリットがあります。

その一方、建材と一体化しているため、一度作った後は拡張・移動・取り換え・撤去などができないデメリットもあります。そのため造作収納を作る際には、子どもが成長した時やライフスタイルが変化する時など、将来的な間取りや動線を考慮に入れつつ計画することが大切です。

たとえば、飽きの来ないデザインを採用したり、経年変化を楽しめる素材を用いることなどが挙げられます。代表的な造作収納として、クローゼット、ダイニング、本棚、ウォークインクローゼット、シューズクローク、洗面収納、トイレなどが挙げられます。

また家庭の事情に合わせて、キッチン背面収納や、カウンター下の収納など必要な場所に造作収納を追加することも可能です。すっきり片付いた美しい空間では、視界から入る情報が減るため、集中力が高まり読書や作業がはかどります。また、適切な収納スペースを持つリビングやダイニングでは、必要なものがすぐに取り出すことができ、家族で過ごす時間をゆっくりとることができます。

まとめ

注文住宅だからこそこだわれる造作収納についてご紹介しました。既製品ではピッタリ収まらずにデッドスペースができてしまうような場合でも、造作収納を取り入れることで、家の内装イメージに合わせて空間を有効活用できます。造作収納でスッキリ片付いた空間では、暮らしやすさや内装の統一感が上がり、おうち時間をより快適に過ごすことができます。

【淡路島】おすすめの注文住宅メーカーランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名An.d youたかべホームズクレバリーホーム淡路店関西ハウス工業ピーチホーム
特徴①人の想いに寄り添い理想以上の家を提案し、長く暮らせる住まいを建築時間が経つほど美しく味が出てぬくもりと安らぎを感じられる家を作る何十年先でも愛せる住まいを提供。いつまでも付き合いを続けていける企業夢と理想の住まいづくりのプロがお客様の想いを実現させる提案をする地域密着型のローコスト住宅に特化。4年連続淡路島新築着工数No.1の実績を誇る
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧