ZEH仕様の注文住宅を建てるメリット・デメリットとは?

公開日:


ZEH(ゼッチ)という言葉を聞いたことがありますか?簡単に説明すると、自分で消費するエネルギーを、作り出したエネルギーで補う住宅のことを言います。省エネなどの観点から近年注目されているZEHですが、今回の記事では、そんなZEHについて詳しくお伝えするとともに、ZEH仕様の注文住宅を建てるメリット・デメリットをご紹介します。

そもそも「ZEH」とは?

まず、ZEH(ゼッチ)とは何のことを指すのか解説します。ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称ことを指します。つまり、外部からのエネルギーの供給がなくとも自らエネルギーを作り出し、消費エネルギーをその中で補うことを指します。そのため、消費するエネルギーが小さくなるようにも設計されていることが特徴といえます。2020年からは、ハウスメーカーなどに対して新築する注文住宅の約半数以上をZEHにするよう、政府が指示をしている現状にあります。

2030年までには、集合住宅や建売住宅などにも一般仕様として備わっている状態を目指しているようです。消費エネルギーの削減は、主として建材や設備を断熱化したり、省エネにしたりなどして導入することから始まります。断熱化をすることがなぜ省エネにつながるかというと、空調設備を整える必要がなくても快適な室温を維持できるからです。

このほかには、消費エネルギーが少ないエアコンなどの家電を導入することにより、省エネにつながります。これらのエネルギーの収支を管理できるシステムがあり、それをHEMS(ヘムス)と言います。これを目安に、どの程度のエネルギーを使用していたかなどを把握することができるため、エネルギーの節約のきっかけにもなります。さらには、太陽光発電の導入も進んでいます。最近では屋根の上に太陽光発電のためのソーラーパネルを設置している家が増えてきています。

ZEH仕様の注文住宅を建てるメリット

ZEH仕様の注文住宅を建てることでのメリットについて、以下に項目別に解説していきます。

光熱費を抑える

なんといっても光熱費を抑えることに繋がります。自家発電や太陽光発電などを活用することで、ほぼ出費がなくエネルギーを賄うことができます。

補助金の対象となる

ZEH仕様として定められた基準を満たすことで、国から補助金をもらえる対象になります。2018年の場合では、1戸あたり70万円となっていました。これに加えて、蓄電池など作り出したエネルギーを備蓄できる装置を置くことで、1kWh毎に3万円の補助金がもらえます。ただし、上限は30万円までとなっています。

住宅の資産価値の向上

住宅の資産価値としても、ZEH仕様であれば向上していくものと考えます。BELS(ベルス)と言われる、省エネの程度を評価する制度がありますが、5段階で評価される星のマークのものになります。この星の数が多いほど、省エネが優れている証拠となり、住宅としての資産価値も上がるでしょう。そのため、今後ほかの物件に興味がわいた場合なども、このマークを基準に検討してみてもよいでしょう。

蓄電による停電時のエネルギー確保

先ほども説明しましたが、作り出したエネルギーを備蓄する蓄電池を設置することで、停電が起きた際にも電気が使えます。このほかに、夜になると太陽光発電は使用できませんが、蓄電池があれば夜間でも日中に備蓄した電気を使用することができるため、電気代の節約につながります。しかし、実はZEH仕様の基準として蓄電池は必須項目ではありません。そのため、基準をクリアする目的というより、電気を備蓄して停電時に活用する目的で購入するとよいでしょう。

ZEH仕様の注文住宅を建てるデメリット

ここまでZEH仕様に関するメリットを述べてきましたが、それだけではありません。しっかりとデメリットも参考にZEH仕様の検討を行う必要があります。ここからはデメリットを見ていきましょう。

太陽光発電が不安定

ソーラーパネルを設置する太陽光発電は、太陽の光を集めて発電に用いるため、天候によって非常に左右されます。日射量が少なくなる冬や梅雨の時期などは、発電量が大幅に減る可能性もあります。また、地域の特性や特徴的な気候からも太陽光が十分補えないこともあるので注意が必要です。太陽光発電によって得た電気は電力会社が直接買い取ってくれるものもあります。しかし、年々電気の買い取り価格は下がっている現状にありますので、売電による収入の大きな期待を寄せるのは厳しいかもしれません。

導入のコストがかかる

ZEH住宅にするための基準としては、ソーラーパネルの設置や省エネ設備などを導入することが必要です。補助金は出ますが、ある程度の初期費用がかかることも覚えておきましょう。太陽光発電設置の目安金額は、おおよそ84~140万円と言われており、決して安い買い物ではありません。そのため、長い目で見てどのように作用するか、十分検討して導入するのが良いでしょう。

屋根の形状に制限がかかる

ソーラーパネルの設置には、ある程度の方角や角度、安全性などを考慮するため設置する屋根の形状に制限を余儀なくされます。注文住宅の場合、まず専門の業者に設置可能であるかどうか確認してみるのが良いでしょう。

 

今回はZEH仕様に関する概要と、ZEH仕様の注文住宅を建てるメリット・デメリットを解説させて頂きました。魅力の多いZEHですが、メリットばかりではなくデメリットもふまえて検討することで、後悔のない注文住宅づくりができるでしょう。

【淡路島】おすすめの注文住宅メーカーランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名An.d youたかべホームズクレバリーホーム淡路店関西ハウス工業ピーチホーム
特徴①人の想いに寄り添い理想以上の家を提案し、長く暮らせる住まいを建築時間が経つほど美しく味が出てぬくもりと安らぎを感じられる家を作る何十年先でも愛せる住まいを提供。いつまでも付き合いを続けていける企業夢と理想の住まいづくりのプロがお客様の想いを実現させる提案をする地域密着型のローコスト住宅に特化。4年連続淡路島新築着工数No.1の実績を誇る
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧