注文住宅は引渡しまでどれくらいかかる?建設期間に入る前にやるべきことは?

公開日:2022/06/15


家が建つまでにどのくらいの時間がかかっているか、想像がつきますか?最初に家づくりについてのリサーチを始めて、計画をして、完成に至るまでは時間がかかります。しかも「計画が終われば施主の仕事は終了」とはいきません。建設期間に入る前もやることがいろいろあるのです。ここでは引き渡しまでの流れなどを解説します。

注文住宅が完成するまでの流れ

まず、注文住宅が建つまでの流れをおおまかに解説します。最初は、おおむねリサーチからスタートです。インターネットやカタログを見て基礎知識を入れた状態で、住宅展示場やハウスメーカーに行きます。こうして見ていくと、自分が作りたい家や、その家をどこのメーカーなら実現してくれるかということも分かってきます。

どのメーカー、工務店、建築士に任せるかは、よくコミュニケーションを取り、住宅建設の計画書・見積りももらったうえで決めていきましょう。納得できたら、いざ契約締結です。契約内容に疑問点があれば、この時に絶対解消しておいてください。この後は住宅ローンの申請などを行って、工事に入っていきます。この着工の前に大切なのが、ご近所への挨拶です。ご近所付き合いのスタートともいえますので、忘れずに行いましょう。

また、建設開始前に地鎮祭を行います。工事の無事を祈る儀式ですね。やらないという人もいますが、工事の担当者と顔合わせができるよい機会でもありますよ。いよいよ建設が始まったら、大工さんに差し入れをして、週に1回くらいのペースで見に行くことをおすすめします。進捗状況も分かり、自分の家の構造についても理解が深まるためです。完成が近づくにつれ、工事費用を支払うタイミングも出てきます。住宅メーカーの取り決めどおりに費用を払いましょう。

さて、お待ちかねの住宅が完成したら、検査を兼ねた内覧をします。できあがった家に不具合などないかチェックし、問題がなければ引渡書にサインをして終了です。鍵をもらったら、これで住宅はみなさんのものになります。

仮住まいが必要な人は用意しよう

前述したとおり、着工には時間がかかります。だからこそ、完成時期のズレが生じる可能性も大いにあり、それが前もって読めないこともあります。そうなると、ちょうどよいタイミングで新居へ引っ越しというのも難しいですよね。今住んでいる家の買い手が見つかっている人などは、早めに売ってしまって、あとは仮住まいで生活しようと考えるかもしれませんが、これは時間に余裕を持って手配しておくとよいです。

というのも、予想外に早く売れてしまったり、条件に合う仮住まいが全然なかったりと、意外とこの過程で躓いてしまう人は多いためです。家財道具も一式持っていかないといけないわけですから、スペースに余裕があり、たとえ数カ月だとしても快適に暮らせるお家を見つけましょう。

周辺への挨拶も済ませておこう

着工前のご近所への挨拶は重要です。工事は大きな音が出てうるさいですし、土埃が立って迷惑がかかることもあります。完成後、長い付き合いになるでしょうから、あらかじめ挨拶に伺いましょう。挨拶に行くべきは、両隣の2軒、お向かいの3軒、そして裏の家3軒です。手土産を用意しておき、住宅メーカー担当者や工事の責任者と一緒に行きます。

工事スケジュールが分かる簡単な資料や騒音がひどい時の連絡先も渡して、とくにうるさい時期などはこの時に前もってお知らせしておくとよいです。このあたりのマナーに関しては、住宅メーカー担当者が詳しいので、不安なことがあれば相談しましょう。この挨拶回りがきっかけで、ご近所さんと知り合うきっかけになれたという人も多いです。

新生活の準備もしよう

家の引き渡しも終わって一息つきたいところですが、まだ新生活への準備が待っています。まずは引っ越しの手配をしなければなりません。内覧の時点で、引っ越しに向けて準備を始めましょう。内覧の時くらい住宅完成の余韻に浸りたいのもよく分かりますが、メジャーを持参して、家電・家具をどう搬入するか考えておけるとよいですよ。そのほか、これから買うものの準備もしなければいけません。

すべてのものが揃っていないと暮らせないわけではありませんが、プライバシーなどを考えると、やはりカーテンは早めにつけておきたいものです。窓が特殊なサイズだと、必然的にオーダーカーテンとなります。時間がかかりますので、こちらも早めに寸法を計って、注文を出しておきましょう。そのほか、テレビや電話、インターネット回線の工事についても予定しておけるとよいですね。

 

注文住宅の一連のスケジュールをお伝えしました。長い道のりだからこそ、意外なアクシデントが起こることもあります。だからこそ、やれることは早め早めに片づけておくべきです。新居での生活がスムーズに始められるよう、不明点は住宅メーカーさんとコミュニケーションを取りながら、解消していきましょう。

【淡路島】おすすめの注文住宅メーカーランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名An.d youたかべホームズクレバリーホーム淡路店関西ハウス工業ピーチホーム
特徴①人の想いに寄り添い理想以上の家を提案し、長く暮らせる住まいを建築時間が経つほど美しく味が出てぬくもりと安らぎを感じられる家を作る何十年先でも愛せる住まいを提供。いつまでも付き合いを続けていける企業夢と理想の住まいづくりのプロがお客様の想いを実現させる提案をする地域密着型のローコスト住宅に特化。4年連続淡路島新築着工数No.1の実績を誇る
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧