新築の注文住宅にスキップフロアを取り入れるメリット・デメリット!

公開日:2022/11/15


注文住宅を建てるうえでスキップフロアを作りたいと考えている人もいるでしょう。住宅やインテリアの雑誌にも取り上げられ、注目されています。そこでこの記事では、スキップフロアのメリットとデメリットについて紹介します。注文住宅の間取りを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

そもそも「スキップフロア」とは?

一般的に部屋はドアや壁で区切られていますよね。スキップフロアというのはこうした部屋とは違い、壁やドアではなく段差を使うことで空間を区切っていくつかの高さのフロアを作る設計方法です。家の中にスキップフロアがあることで、立体的でおしゃれな雰囲気になります。

段差のつけ方はいろいろとあり、小さな段差で空間を分けるやり方もあれば、1階から2階へ行く階段の途中に1.5階のような場所を作ったり、半地下のようなスペースを作ったりもできます。建売住宅でスキップフロアがある家はめったにないため、注文住宅だからこそできる個性的なデザインといえるでしょう。

新築の注文住宅にスキップフロアを取り入れるメリット

スキップフロアはおしゃれさだけでなく、いくつかの魅力的なメリットがあります。

空間を広く活かせる

スキップフロアの最大のメリットは、家の中の限られた空間を広く活かせることです。縦に空間が広がることで、間取りの自由度が高まります。壁やドアといった仕切りを抑えられ、廊下を作る必要もありません。廊下に使うはずの床面積を使わずにすみ、その分部屋やリビングを広くとれます。床面積が小さい家にもおすすめです。

視線をさえぎるものが少ないため、実際よりも広く感じやすいこともスキップフロアのメリットだといえるでしょう。加えて吹き抜けを作ると、より広々とした開放感が実現できます。無駄なスペースを省き、新たに生まれたスペースを書斎や趣味の部屋、勉強部屋にする、収納にするなど、さまざまな使い方が可能です。最近ではリモートワークをする人が増えており、仕事部屋として使用する人も多いです。

風通しや日当たりがよい

壁やドアではなく段差で仕切ることにより、風通しや日当たりがよくなる点もメリットのひとつです。空間がつながっていることから全体的に光がとおりやすく、開放的になります。空間を開放的にする方法として吹き抜けも人気ですが、吹き抜けをつくることで建物の床面積が減ってしまうことを避けたい方にもおすすめです。

収納の作りやすさ

スキップフロアを取り入れることによってできた段差は、収納としての有効活用が可能です。段差を高くすればその分生まれたスペースを収納に使えます。

家族の気配を感じられる

壁やドアで視線がさえぎられず家族の存在を確認しやすいところは、家族とのコミュニケーションを重視したい人にとってはうれしいポイントでしょう。とくに小さな子どもがいる家庭では、子どもが過ごしているところが家事をしながらでも見えることで、親も子どもも安心して過ごせます。

新築の注文住宅にスキップフロアを取り入れるデメリット

スキップフロアにはメリットだけでなくデメリットも存在しています。作ったあとで後悔しないためにも、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。

設計・建築が難しい

スキップフロアを設けることで構造が複雑になるため、一般的な住宅と比べると設計や建築の難易度があがり、経験とテクニックが必要となります。できる業者も限られ、施工費用も高くなりがちです。おしゃれにはなったけど住んでみたら過ごしにくかったとならないためにも、実績のある、安心して任せられる業者に設計を依頼することが大切です。

バリアフリーではなくなる

スキップフロアは段差を使う設計方法のため、バリアフリーではなくなります。高齢の家族と一緒に住む場合や、自分たちが高齢になっても住み続ける予定であれば、取り入れてもよいかをよく検討しましょう。小さな子どもがいる場合でも、段差で転んだり落ちたりして怪我をしてしまう危険性もあるため注意が必要です。

低めの段差の採用や、将来的にバリアフリーにリフォームできるように設計することもひとつの手です。また、掃除の面では、お掃除ロボットが使えないことや、掃除機をもって階段を移動する大変さもあります。

空調の効率が悪い

スキップフロアには壁やドアによる仕切りがないため、ひとつの空間が広くなり、空調の効率が悪くなりがちです。エアコンをつけても夏はなかなか温度が下がらず、冬は肌寒いなど、快適に過ごすことができない可能性もあります。冷暖房を使用する際の光熱費が高くなりやすいのも忘れてはいけないデメリットです。全館空調を採用したり、断熱性や気密性を考えて家づくりをしたりすることをおすすめします。

まとめ

本記事では、新築の注文住宅にスキップフロアを取り入れるメリット・デメリットについて解説しました。スキップフロアを作るにはメリットが多いですがデメリットも存在しています。マイホームの購入は一生に一度の大きな買い物となるため、家族でそれぞれの家での過ごし方や空間の使い方を話し合ってから慎重に決めるようにしましょう。本記事がスキップフロアを作るべきか迷っている方の役に立てれば幸いです。

【淡路島】おすすめの注文住宅メーカーランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名An.d youたかべホームズクレバリーホーム淡路店関西ハウス工業ピーチホーム
特徴①人の想いに寄り添い理想以上の家を提案し、長く暮らせる住まいを建築時間が経つほど美しく味が出てぬくもりと安らぎを感じられる家を作る何十年先でも愛せる住まいを提供。いつまでも付き合いを続けていける企業夢と理想の住まいづくりのプロがお客様の想いを実現させる提案をする地域密着型のローコスト住宅に特化。4年連続淡路島新築着工数No.1の実績を誇る
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧